プログラミングスクール

【徹底解説】RaiseTechの評判・口コミは?サービスの特徴から活用方法までをわかりやすく解説します。

RaiseTech(レイズテック)は最速で「稼げる」エンジニアになるための、実践的なWebエンジニアリングスクールです。

今回は、最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTechの評判・口コミや特徴について、現役エンジニアの私が徹底解説をします。

そこで、今回は以下のような疑問を解決していきます。

  • RaiseTechの特徴が知りたい!
  • RaiseTechの利用者のリアルな評判・口コミはどうなの?
  • RaiseTechで学べる内容は?

また、RaiseTechの学習に向いている人や詳しい受講料などについても紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

RaiseTechは稼ぐためにエンジニアになりたい人におすすめ

画像は公式サイトから引用:https://raise-tech.net/

RaiseTechは最速で「稼げる」エンジニアになるための、実践的なWebエンジニアリングスクールです。

RaiseTechは「稼ぐためにエンジニアになりたい人」におすすめです。

他のスクールとの大きな違いは、稼ぐことから逆算したカリキュラムです。

案件数の多いJavaから需要が増えているAWS、副業案件として多いWordpress、Lステップなど、技術を使って仕事を得るという点に力を入れています。

RaiseTechの公式サイトでは、「なぜ稼げるようになるのか?」という仕組みに関して漫画でわかりやすく解説をしています。

また、無料説明会代表の江並さんが直接説明してくれ、かなり評判が良いので、気になっている方はまずは無料説明会で話を聞くことをおすすめします。

ちなみに江並さんはTwitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをおすすめします。

稼ぐ、独立したい人はRaiseTechがおすすめです。

ここからは、RaiseTechに関してより詳しく説明をします。

RaiseTechの運営会社情報

RaiseTechの運営会社情報を表にてまとめましたので、ご覧ください。

運営会社株式会社RaiseTech
代表者代表取締役社長 江並 公史
所在地奈良県生駒市谷田町1265番地20号
電話番号06-6643-9950

RaiseTechの特徴

続いて、RaiseTechの特徴についてご紹介していきます。

RaiseTechには以下のような特徴があります。

それでは、それぞれ確認していきましょう!

サポート体制の充実

RaiseTechでは、以下5つのサポートが受けられます。

  • チャットや通話での質疑応答は無制限!どんな内容でもOK!
  • 状況に応じて補講の実施や動画教材を提供!
  • 希望者全員と個人面談を実施!代表に直接相談ができる!
  • 受講生同士の繋がりを重視したコミュニティに参加できる!
  • 転職支援・案件獲得も無期限サポート!

特に、一つ目のサポートでは、チャットや通話の質疑応答が卒業後でも半永久的にサポートを受けることができ、キャリアの相談、人生相談、ビジネスプランの添削などの相談もできます。

また、実際にフリーランスとして活動する場合は、高単価案件の受注アドバイスなどを受けることができるため卒業後でも支援を受けられることは、大きなメリットと言えるでしょう。

案件獲得サポートでは、ポートフォリオの添削や営業のコツといった案件獲得に必要なことをサポートしてくれるだけではなく、RaiseTechから案件の紹介を受けられる可能性もあります。

講師の質が高い

RaiseTechの講師は全員が月単価80万円以上の現役エンジニアです。

他のプログラミングスクールでは、現役エンジニアではない人が講師を勤めている人も多いですが、RaiseTechの講師は現役のエンジニアのため、質の高い稼げるエンジニアを目指すことができます。

また、プログラミング言語ごとに特化した講師が在籍しており、自分の目的にあった言語を中心に学ぶことも可能です。

さらに、プログラミング言語だけではなく、WordPressやデザイン、Lステップマーケティング、React、アドバイザーなどの講師も在籍しており、これからフリーランスや将来的に起業を考えている人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

授業はリアルタイム

RaiseTechの授業は全てリアルタイムオンライン講座方式です

プログラミングスクールでは、動画を視聴して学習することが多いですが、RaiseTechでは全てリアルタイムの受講ですので、講師の熱量が直接伝わってきます。

RaiseTechで学べる内容

RaiseTechでは、以下のようなカリキュラムが充実しています。

また、受講開始から2週間(14日)は全額返金保証付きなのも魅力的ですね。

また、最近では「受け放題」サービスが始まっており、受講生が複数のコースを実質70万円近く値引きされた状態で受けられるようになっています。

Javaフルコース

Javaフルコースは案件数がトップのプログラム言語・Javaと現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コースになっています。

JavaでのWEBアプリケーション開発を実践的に学習できるだけではなく、フレームワークやライブラリ、自動化、DevOps、AWSといった現場の技術も学習することができます。

第1週開発環境を用意し、簡単なお手本プログラムの実装。
第2週Javaで利用する型の説明、クラス、メソッドなどのプログラミングの基礎解説と実践。
第3週Javaを用いたプログラミング学習。オブジェクト指向開発の基礎と実践。
第4週CRUD処理を行うWEBアプリケーションの仕様策定と開発の開始。
第5週利用するフレームワークやライブラリ、構成管理ツール、開発手法の説明。
第6週WEBアプリケーションの開発。テーブル設計。環境の整備。
第7週WEBアプリケーションの開発。初期表示と一覧検索。
第8週WEBアプリケーションの開発。新規登録、更新、削除。
第9週JUnitを使った自動テストの作成。アプリケーションのリファクタリング。
第10週Selenideによる画面自動テストの実装。
第11週ローカル環境でJenkinsを使ったCIの実現。
第12週アプリケーションにREST API機能を追加。
第13週AWS上でEC2、RDSなどのアプリケーションを動かす環境を構築。
第14週AWS上にJenkins用のEC2サーバー立ち上げ。
第15週JenkinsでGitHubと連携したCIの実現。
第16週CIからCD。自動デプロイの実現。

AWSフルコース

AWSフルコースはAWSの技術と知識を最速で学べるコースです。

AWSの基礎から応用が学べるだけではなく、自動化、DevOpsといった現場の技術も学べます。

第1週Ruby on Railsの開発環境構築とAWSアカウントの作成、簡単なお手本プログラムの実装。
第2週基本型、クラス、メソッドなどのプログラミング基礎の学習と実践。
第3週シンプルなWEBアプリケーションの開発開始。
第4週Gitを使いながらのWEBアプリケーション開発。
第5週Gitを使いながらのWEBアプリケーション開発。
第6週IAMアクセス制御の解説、AWSにてネットワーク関連リソース作成、EC2インスタンス、RDSの立ち上げ。
第7週EC2、RDS、ELB、S3の環境を構築しながら、各種繋ぎこみとRailsアプリケーションのデプロイ。
第8週講師によるAWS環境構築〜アプリケーションデプロイの実演。
第9週講師によるAWS環境構築〜アプリケーションデプロイの実演。
第10週CloudFormationの解説、作成したAWS環境のコード化 (YAML) 。
第11週CloudFormationの解説、作成したAWS環境のコード化 (YAML) 。
第12週ServerSpecを用いた環境テストの作成。
第13週CircleCIのセットアップ。
第14週環境設定をコード化するためにAnsibleを使った簡単なタスク (Playbook)の作成。
第15週Ansibleを用いて、AWS環境へモジュールのインストールやアプリケーションのインストールの自動化。
第16週CloudFormation, Ansible, ServerSpecをCircleCIと連携させ、自動化パイプラインを構成。

WordPress副業コース

WordPress副業コースはWebサイトを制作する技術を学ぶコースです。

最終的にはWordPressによるWebサイトの制作ができるところまで学ぶことができ、Wordpressを使いこなすことができれば、エンジニアだけではなく、副業やフリーランスとして案件を受注できる幅が広がります。

第1週Webデザイン
第2週HTMLとCSSを使ったコーディング基礎知識
第3週HTMLによるWebサイトの構造構築
第4週CSSの設計とフロントエンド実装
第5週JavaScriptの基礎知識とjQuery
第6週スライダーの実装
第7週ハンバーガーメニューの実装
第8週Webサーバー
第9週PHP プログラミング基礎
第10週WordPress 開発環境導入とWordPressの管理画面について
第11週WordPress に必要なテンプレートファイル、テンプレートタグについて
第12週公式ディレクトリのテーマ・アクセシビリティ・子テーマによるカスタマイズ
第13週静的サイトを WordPress テンプレートファイル、テンプレートタグを用いて再実装
第14週ループ処理によるアーカイブ実装
第15週ブラウザチェックと WordPress のテーマチェックによるデバッグ
第16週サーバーとローカルデータのデプロイと WordPress を管理する WP-CLI

デザインコース

デザインコースはデザインのツールの使い方から、SNSの活用方法などについて学ぶことができます。

第1週オリエンテーション・デザインとは
第2週Photoshopを使おう前編
第3週Photoshopを使おう後編
第4週Illustratorを使おう
第5週Photoshop、Illustratorまとめ
第6週色とフォントについて学ぼう
第7週Photoshopでバナーデザインを作ろう
第8週Illustratorでロゴデザインを作ろう
第9週ウェブデザインを作ろう前編
第10週ウェブデザインを作ろう後編
第11週XD、Figmaの基礎知識
第12週LPデザインを作ろう
第13週卒業制作課題出題
第14週名刺のデザインと入稿データを作ろう
第15週デザイナーとポートフォリオ
第16週卒業制作発表・総評

Lステップマーケティングコース

Lステップマーケティングコースではツールの使い方や「商品を売る」というマーケティングの基本などが学べます。

第1週商品を売るという商売の基本
第2週売れる商品の作り方(商品設計)
第3週誰に売るのか?(ペルソナ設計)
第4週LP作成
第5週広告について
第6週SNS
第7週コピーライティング
第8週ヒーローズジャーニー
第9週DRM、リストマーケティング + 公式アカウント
第10週Lステップの導入(設計図を作りましょう)
第11週診断の作り方
第12週シナリオ
第13週リッチメニュー、タグ、スコアリング
第14週おみくじ、抽選
第15週CSSとスタンプラリー
第16週ゲーミフィケーション

Reactコース

Reactコースでは、フロントエンドの技術やReact、TypeScript、Next.jsでのアプリケーション開発などが学べます。

第1週フロントエンド領域への理解とWebの仕組みを知る。
第2週JavaScriptの歴史とモダンフロントエンドを扱うために知っておく基礎知識の習得。
第3週JavaScriptの基本文法、モダンな記法を知りコーディングに慣れる。
第4週JavaScriptを使ったアプリケーション実装。
第5週Reactの概要。環境構築について。
第6週package.json。基本文法。Reactを使ったアプリケーション開発。
第7週様々なライブラリの使用。ReactとCSS。ルーティング。
第8週デプロイについて。Reactのレンダリングへの理解を深める。非同期処理について。WebAPIに触れる。
第9週カスタムフック。コンポーネント分割(Atomic Design等)。グローバルなstate管理実装。
第10週TypeScriptの基本。
第11週React × TypeScriptの実践。
第12週API仕様を見てReact × TypeScriptのアプリケーションを開発。
第13週Next.jsの基本。アプリケーションをNext.jsに書き換える。
第14週CSR/SSR/SSG/ISRについて。
第15週Storybookの使用。
第16週Reactでのフロントエンドテスト。

RaiseTechの学習に向いている人

RaiseTechは以下の項目に当てはまる人に向いているプログラミングスクールです。

RaiseTechの料金

続いて、RaiseTechの料金についてご紹介していきます。

JavaフルコースAWSフルコースWordPress副業コースデザインコースLステップマーケティングコースReactコース
通常価格:月額18,667円(税込)~または448,000円税込)

学割:月額12,000円(税込)~または288,000円(税込)
通常価格:月額18,667円(税込)~または448,000円税込)

学割:月額12,000円(税込)~または288,000円(税込)
通常価格:月額14,500円(税込)~または348,000円税込)

学割:月額10,334円(税込)~または248,000円(税込)
通常価格:月額14,500円(税込)~または348,000円税込)

学割:月額10,334円(税込)~または248,000円(税込)
通常価格:月額18,667円(税込)~または448,000円税込)

学割:月額12,000円(税込)~または288,000円(税込)
通常価格:月額18,667円(税込)~または448,000円税込)

学割:月額12,000円(税込)~または288,000円(税込)

RaiseTechの評判・口コミ

続いて、RaiseTechの評判・口コミをいくつかご紹介していきます。

良い口コミ

【20代男性】

講座の内容は現場に出た後のことを見据えらており、非常に実践的だと感じました。また、講師の方も現役バリバリで活躍されているエンジニアの方なので現場目線でのアドバイスや技術に関する知見の共有などがありとても勉強になります。自分が躓いていることを発信すれば最後まで徹底的にサポートしていただけるのでその点も安心でした。

引用:「RaiseTech

アイコン名を入力

RaiseTechのサポートに満足している人が多いようです。

悪い口コミも同様に探してみましたが、これといった悪い口コミは見当たりませんでした。

従って、RaiseTechは安心して受講できるプログラミングスクールと言えるでしょう。

Webエンジニアを目指すなら「RaiseTech」で受講しよう!

これまで、実際の評判・口コミや特徴、RaiseTechの学習に向いている人や料金などについてご紹介してきました。

RaiseTechは最速で「稼げる」エンジニアになるための、実践的なWebエンジニアリングスクールです。

コースも分野ごとに分かれているため、自分の目的にあった講座内容のみ受講できます。

また、サポートが充実しており、特にチャットや通話での質疑応答は無制限となっているため、悩みや不安を抱えたままになることもありません。

少しでも気になる人は、RaiseTechの無料説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございます。

エンジニア転職のロードマップはこちらから

エンジニア転職に関してまとめました。

tenshoku_cta

詳細はこちらから