プログラミングスクール

【13項目の比較表】元講師が選ぶ2022年厳選プログラミングスクール14選を目的別にご紹介

school-reptation
Web制作を学んで副業で稼ぎたい人向けの
プログラミングスクール

【第1位】TechAcademy:12週間99,900円とコスパ良し。独自案件の紹介から納品サポートまで手厚いサービス。実績充分のスクール。
【第2位】RaiseTech:最速で稼ぐために月単価80万円以上の現役講師がサポート。一生質問し放題、無期限で副業案件サポートなどの手厚い支援。
【第3位】デイトラ:SNSで話題!未経験でも・迷わず・楽しく動画で学べる。現役のプロからコスパ良く99,800円~で学ぶ。

エンジニアに就職・転職したい人向けの
業界大手の実績のあるプログラミングスクール

【第1位】転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT:転職実績・サポート・カリキュラムなど総合的に質が高いDMMが運営するスクール。
【第2位】TECH CAMP:業界最大級の受講・転職実績があるまこなり社長が経営するプログラミングスクール。

Web系自社開発企業に就職・転職したい人向けのスクール

【第1位】エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】:1000時間の圧倒的学習量で未経験から即戦力のWebエンジニアへ。実績あるポートフォリオ支援。
【第2位】ポテパンキャンプ:最短5ヶ月間で未経験からWebエンジニアへ。Web系開発企業内定率100%
【第3位】CODEGYM ISA:学費は転職が成功してから。日本初の「出世払い」プログラミングスクール。

自分に合ったプログラミングスクールをどのように選べばいいかわからない…。
間違った選び方をしたくない…。

このように悩みを抱える方も多いと思います。

本記事では、元プログラミングスクール講師であり現役エンジニアの筆者がおすすめのプログラミングスクールを徹底解説します。

プログラミングスクールの選び方で失敗される方って結構いるんですよね。

  • 自分のなりたい理想像とミスマッチのスクールを選んでしまった。
  • 転職ができなかったら全額返金だと思ったのに条件が厳しくて返金されなかった。

Twitterや自分の周りでもたくさん後悔している人を見てきました。

元々は友達からプログラミングスクールの選び方に相談を受けた時に、目的に合った選び方、良質なスクールの候補を紹介し、手間をできるだけ減らしてあげたいなと思ったの記事の作成のきっかけです。

自分は昔プログラミングスクールで講師を経験しており、現在進行形でWebエンジニアとして働いています。また、スクール受講生の知り合い、運営側の知り合いもいます。

本記事では、筆者が責任を持って厳選したスクールをご紹介します。

失敗の多くは、自分の目的と合わないスクールを選んでしまうことから発生します。

正直、おすすめのプログラミングスクールはあなたの目的や将来的なゴールによって大きく変わります。

そのため、目的に合わせてプログラミングスクールを比較検討できるように全て表にまとめました。

金額や期間、特徴をみながら目的に最適なスクールを探してみてください!

多くて選べない…!という方向けに、目的別におすすめのスクールを後半でご紹介しています。

\ 厳選プログラミングスクール比較表 /

比較表DMM WEBCAMPTECH CAMPTechAcademySAMURAI ENGINEER Plus+RUNTEQポテパンキャンプCODEGYM ISAtech boostRaiseTechデイトラSkill HacksキカガクAidemy Premiumウズウズカレッジ
スクール名

DMM WEBCAMP


TECH CAMP

TechAcademy




SAMURAI ENGINEER Plus+


RUNTEQ(ランテック)

ポテパンキャンプ
codegym-isa-logo

CODEGYM ISA
tech-boost
tech boost
RailsTech
RaiseTech
デイトラ

デイトラ

skillhacks

Skill Hacks
キカガク

【ikus.ai】
Aidemy Premium

Aidemy Premium
uzuz college
ウズウズカレッジ「CCNAコース」
評価
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
特徴教養・転職・短期集中を目的に合わせて選べる業界最大級の
受講・転職実績
豊富なコースがあるオンラインスクールの先駆け月額2,980円
28教材以上
質問し放題
Web系開発企業への転職
スタートアップ・ベンチャー
Web系開発企業への転職特化日本初の「出世払い」
学費は転職成功後
未経験からプログラミングを学ぶ最速で稼ぐ
副業/独立/Web制作
SNSで話題
1日1題で稼ぐスキルをつける
動画でWebアプリケーション開発を学ぶPythonでAI・機械学習を動画で学ぶPython特化型
3ヶ月でAI人材へ
未経験からインフラエンジニアへ
コース・料金専門技術コース
340,800円(910,800円)

短期集中コース
640,800円

12 ~16週間
624,800円 ~ 679,800円
短期集中コース657,800円

夜間・休日コース
877,800円
副業コース
99,900円〜

転職保証コース
437,800円〜
2,980円/月Webマスターコース
437,800円
Railsキャリアコース
440,000円
転職後に出世払い
0円

一括支払い
690,000円 
スタンダードコース
323,136円 〜

ブーストコース
517,104円 〜
Java/AWS/React/Wordpress/Lステップ/デザイン

348,000円 〜 498,000円
99,980円69,800円通常
792,000円

給付金ありなら
237,600円
528,000円 ~
14,666円/月
CCNAコース33,000円(税込)
受講期間最短3ヶ月10週間(2ヶ月)600時間副業:160時間
転職:300時間
5 〜 9ヶ月
1,000時間
20週間(5ヶ月) 300時間 20 ~ 40週
1,000時間
3、6、12ヶ月
300時間
4ヶ月
300時間
90日約30日
無期限
4ヶ月3ヶ月 ~
168時間 ~
1ヶ月〜
受講スタイルオンライン/教室オンラインオンラインオンラインオンラインオンラインオンラインオンライン/教室オンラインオンラインオンライン
動画
オンラインオンラインオンライン
個別指導(eラーニング)形式
質問対応無制限
※時間はコースによる
毎日:11~22時毎日:15〜23時平日:10時~22時平日:11時~22:時
土日:10時~18時
(水・祝休み)
毎日:10〜23時平日:10時~19時平日:10時〜22時
土日:13時〜19時
毎日:10時〜24時コース毎に変動
1年間
無制限無制限無制限
24時間以内に返信
毎日
受講者数60,000人30,000人28,000人1,000人10,000人50,000人
受講企業500社
会員数100,000人10,000人
全額返金転職保証転職できなければ全額返金転職保証転職できなければ全額返金あり
2週間の無料受講
なし
無料レッスンあり
8日間の
全額返金保証
メンター
講師
現役エンジニア教育専門の
メンター
通過率10%の選考に合格した現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア実務経験1年以上の
現役エンジニア
現役で稼いでいるエンジニアのみ現役で活躍する
プロ
迫 佑樹さん
その他専門家
プロの講師厳正な選考を通過し、研修を受けた講師IT講師
ポートフォリオ支援サポートありクローンアプリ教材を参考に作成完全オリジナルポートフォリオサポートありサポートあり
※ブーストコース
サポートありなしなし
転職支援
提携先企業
300件以上の求人提携企業300社1,000社以上の
求人から紹介
提携企業の紹介提携企業100社
自社開発企業
提携エージェントからの紹介自社案件紹介、
他社利用含めあり

転職クエストと
コラボ
なし転職クエストと
コラボ
転職サービスdodaと提携サポートありあり
転職実績3,000人
転職成功率98%
離職率1%
3,200人
転職成功率99%
Web系開発企業
内定率98%
Web系開発企業
内定率100%
就職率100%転職成功率95%
カリキュラムRuby / Rails
メイン
Java/Web制作
コースが充実
Ruby/PHP/JS
など30以上
Ruby/AWSRuby / Rails
メイン
PHP / AWS /JSRuby/PHP/JavaJava/React/AWSHTML/CSS/jQuery/PHP/WordPressRuby/PHP/AWSPython/機械学習Python/機械学習インフラ/ネットワーク

※ 2022年2月時点の情報です。
※ 情報が古い可能性があるため公式サイトで詳細をご確認ください。
※ 客観的な情報を元に周りの評判・知名度などから主観的に評価してます。

また、記事の後半では表だけではわからないスクールの特徴や目的別スクールの選び方に関して解説をします!

エンジニアとして就職・転職をしたい人向けのプログラミングスクールの選び方

エンジニアとして就職・転職を考えている方向けに選ぶときのポイントをご紹介します。

転職先の企業タイプ(自社開発・受託・SES・Sler)

あなたがどのようなエンジニアとして働きたいのか?によって企業のタイプからプログラミング言語まで変わってきます。大きく分けると、Web業界、Sler業界、SES業界に分けることができます。

それぞれの業界によって雰囲気や特徴も異なるので注意しましょう。

Web業界
・自社でWebサービスを提供している。(例:メルカリ・LINE・ZOZOなど)
・プログラミングだけではなく、サービス企画の観点が求められる。

Sler業界
・他の企業の開発案件を請け負って開発を行う。(例:富士通・NEC・NTTデータなど)
・プログラミング能力と同様にプロジェクトマネジメントや調整力も重要になる。
・将来的には、PMやITコンサルタントもキャリアパスとしてある。

SES業界
・派遣先に派遣されてエンジニアとして働く(例:富士ソフト)
・多重下請け構造があり、何次請けかは注意して確認する必要がある。
・一部悪質な企業もあり、労働時間やプログラミングができない問題などが叫ばれる。

ざっくりと解説しました。より詳しく知りたい方は是非Googleで検索してみてください。

業界によって働き方は違うので、自分がどのような業界でどのようなキャリアを歩みたいかによって選びましょう。

学習できるプログラミング言語

業界によって主流として使われている言語は異なります。そのため、自分が目指したい業界に合わせてプログラミング言語を選びましょう。

Web業界でよく使われる言語・フレームワーク
・Ruby/Rails/PHP/Laravel/Python/JavaScriptなど

Sler業界でよく使われる言語・フレームワーク
・Java

Web業界では素早くサービスを提供することが求められるため、比較的自由度が高い動的型付け言語が好まれて使われます。

一方で、Sler業界は金融系のシステムや業務系システムが主流になり、素早さよりも品質の高さ・安全度が求められる傾向があるため静的型付け言語のJavaが好まれて使われます。

転職サポート・転職支援実績

プログラミングスクールから転職を考える際に、どれくらいサポートが充実しているかも確認しましょう。

  • 提携先企業数・求人数
  • 過去の転職成功した人数
  • どこの企業に転職しているか?

今回、厳選しておすすめする就職・転職したい人向けのプログラミングスクールは、履歴書添削・面接対策などの基本的なサポートがついているところが大半です。

そのため、過去の具体的な実績に注目をしましょう。

説明会にて、どのような企業に転職した人が多いか?を聞くことによって、最近はどこの業界への転職実績が多いか?を調べることができます。

説明会ではサイトだけではわからない具体的な実績を聞くことをおすすめします。

ポートフォリオ支援の充実度

未経験からのWebエンジニア転職には、ポートフォリオという文化があります。

ポートフォリオ
自分が1からサービスを企画し、自分の興味やエンジニアとしての技術力を表すもの。

ポートフォリオをみることによって、具体的な技術力やエンジニアとして意識をしているポイント、サービスへの感度などを見ることができます。

特に、ユーザーにサービスを提供し、日々サービス改善をする自社開発企業では、どのような視点でサービスを開発をしてるのか?を重視してみる傾向があります。

そのため、自社開発企業へ転職した人は、ポートフォリオ支援に着目して選ぶことをおすすめします。

大手の実績があるスクールでエンジニア就職・転職を目指せるプログラミングスクール

エンジニアに就職・転職したい人向けの
業界大手の実績のあるプログラミングスクール

【第1位】転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT:転職実績・サポート・カリキュラムなど総合的に質が高いDMMが運営するスクール。
【第2位】TECH CAMP:業界最大級の受講・転職実績があるまこなり社長が経営するプログラミングスクール。

DMM WEBCAMPとTECH CAMPは、転職サポートが充実しており、転職実績も業界でトップクラスにある大手プログラミングスクールです。

また、自社開発からSESまで業界も広く転職実績を出しています。

デメリットとしては、料金が他に比べて高めな点と、ポートフォリオ支援も他の人と同じようなものになりがちな点です。

ポートフォリオ支援に関しては、プログラミングスクール側も日々対策をしているため、最新の情報は説明会で聞くことをおすすめします。

転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMITの説明会はこちらから。

テックキャンプエンジニア転職の説明会はこちらから。

Web系自社開発企業に就職・転職したい人向けのプログラミングスクール

Web系自社開発企業に就職・転職したい人向けのスクール

【第1位】エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】:1000時間の圧倒的学習量で未経験から即戦力のWebエンジニアへ。実績あるポートフォリオ支援。
【第2位】ポテパンキャンプ:最短5ヶ月間で未経験からWebエンジニアへ。Web系開発企業内定率100%
【第3位】CODEGYM ISA:学費は転職が成功してから。日本初の「出世払い」プログラミングスクール。

Web系自社開発企業への転職をしたい人はこちらのプログラミングスクールがおすすめです。

これらのスクールは金銭的にもコスパが良く、転職の鍵になる学習支援・ポートフォリオ支援に強みがあります。

特にエンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】は、コスパ・SNSでの評判・ポートフォリオ支援の観点でずば抜けて評判がいいです。

未経験転職のPFとして作成したTripableですが、本日正式にシアライズ株式会社へのサービスの売却が完了し譲渡致しましたことをお知らせ致します。大変有り難いことにリリースから現在まで想像を超える多くの方にご利用いただきました。今後も変わらず温かい目で見守っていただけたら幸いです。

転職用のポートフォリオ(PF)で売却実績が出てます。笑

無料で説明会を実施しているので、是非話を聞いてみましょう。

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】の説明会はこちらから。

ポテパンキャンプの説明会はこちらから。

CODEGYM ISAの説明会はこちらから。

Web制作を学んで副業で稼ぎたい人向けのプログラミングスクールの選び方

Web制作を学んで副業で稼ぎたい人は下記点を意識してプログラミングスクールを選びましょう。

案件獲得・独立の支援がある

副業・フリーランスとして働くためには、技術を身に着けるだけでは足りません。

自らお客様となるクライアントを獲得するために営業をする必要があります。

そのため、技術だけではなく、案件獲得の支援があるのか?はしっかり確認をしましょう。

例えば、RaiseTechは案件獲得サポート制度があり、ポートフォリオの添削から営業のコツまでを無料でサポートしてくれます。

TechAcademy(テックアカデミー)の副業コースは、TechAcademyから初心者向けの独自案件を紹介する仕組みがあります。

納品までメンターがサポートしてくれるなんて手厚すぎません?

現役で稼いでいる人との繋がりを獲得することができるか?

自分の理想の働き方をしている人とプログラミングスクールの時点で繋がりをつくることができたら大きなメリットがあります。

特に、フリーランスは税務や営業などの技術以外のこともやっていく必要があります。

そこで、既に活躍している人からノウハウを共有してもらうと安心です。

また、将来的にその人の紹介で案件に入れる可能性もあります。

RaiseTechは、講師は全員、月単価80万円以上の最前線で活躍している現役エンジニアです。

デイトラでは、業界の最先端を知る勉強会に無料で参加し、講師の人と繋がりをつくることができます。

「副業で稼げる」カリキュラムを学ぶことができるか?

副業で稼ぐといっても「何で稼ぐか?」の選定は重要です。

Web系で稼ぐといってもたくさんの稼ぎ方があります。

  • ホームページの立ち上げなどのWeb制作
  • 記事作成代行のライティング
  • LPなどのWebデザイン制作
  • ECサイト構築・Shopifyの作成
  • 動画編集

何で稼ぐか?案件獲得までをどうやって達成するか?を逆算することが重要です。

Web制作を学んで副業で稼ぎたい人におすすめのプログラミングスクール

Web制作を学んで副業で稼ぎたい人向けの
プログラミングスクール

【第1位】TechAcademy:12週間99,900円とコスパ良し。独自案件の紹介から納品サポートまで手厚いサービス。実績充分のスクール。
【第2位】RaiseTech:最速で稼ぐために月単価80万円以上の現役講師がサポート。一生質問し放題、無期限で副業案件サポートなどの手厚い支援。
【第3位】デイトラ:SNSで話題!未経験でも・迷わず・楽しく動画で学べる。現役のプロからコスパ良く99,800円~で学ぶ。

今回ご紹介したプログラミングスクールは、どこも稼ぐという観点で多様なコースを準備しているので是非ホームページを確認してみてください。

TechAcademyのホームページはこちらから。

RaiseTechのホームページはこちらから。

デイトラのホームページはこちらから。

AI・機械学習が学べるプログラミングスクールの選び方

ここからはPythonを使ってAI・機械学習を学ぶことができるプログラミングスクールをご紹介します。

AI・機械学習を学べるプログラミングスクールを選ぶときの注意点

AI・機械学習を学べるプログラミングスクールを選ぶときの注意点は下記の通りです。

  • AI・機械学習エンジニアに転職するのはハードルが高い。
  • 副業でAI・機械学習の案件に入るのはハードルが高い。

AI・機械学習は、プログラミングの基礎の土台に専門知識が加わっているので、学習量はかなり必要です。ただし、難易度が高い分、市場にできる人が少ないので、チャンスもあります。

AI・機械学習が学べるおすすめのプログラミングスクール

AI・機械学習が学べるプログラミングスクール

【第一位】キカガク:受講者50,000名以上の実績!データサイエンティストになるためのAIプログラミングスクールならキカガク
【第二位】Aidemy Premium:オンラインコーチングやメンター支援で学習をサポート。未経験から3ヶ月でAI人材を目指すスクール。
【第三位】TechAcademy:期間内で4つの機械学習プログラムを開発!コスパ良しで4週間でAI・企画学習の基礎を学ぶ。

キカガク

画像は公式サイトから引用:https://www.kikagaku.ai/campaign/

キカガクは、将来的にAI人材として活躍・仕事をしていきたい人におすすめのプログラミングスクールです。

受講者数5万人、受講企業500社の確かな実績

キカガクは、個人だけではなく、法人向けにも学習コンテンツの提供を行っています。

業界大手のMicrosoftからNTTデータなど超有名企業への導入実績があります。

受講者満足度も90%なので、かなりコンテンツの質が良さそうです。

豊富なカリキュラムを動画で効率よく学ぶことができる

キカガクは、プログラミング・数学・AI・機械学習の基礎を動画コンテンツでみっちり学ぶことができます。

また、AI⼈材育成⻑期コース受講で今後追加されるコース含め、全て⾒放題です!

脱ブラックボックスコース(無料)・機械学習に必須の微分、線形代数、確率統計の基礎 
・単回帰分析、重回帰分析、ロジスティック回帰
 ・ニューラルネットワークの数学と実装 (PyTorch)
画像処理特化コース・物体検出の数学と実装
・セマンティックセグメンテーションの数学と実装
ディープラーニングハンズオンコース・ニューラルネットワークの数学と実装
・畳み込みニューラルネットワークの数学と実装
・⾃然⾔語に必要な前処理と⽂書分類、⽂書⽣成の実装
⾃然⾔語処理特化コース・⾃然⾔語の特徴量抽出⽅法と⼿法の⽐較
 ・Attention, Transformer, BERT の数学と Hugging Face を⽤いた実装
機械学習実践コース・教師あり学習(回帰・分類)、教師なし学習
・データの前処理とハイパーパラメータ調整
・モデル最適化と評価指標
モダンなWeb開発コース・HTML, CSS, JavaScript の基礎 
・Vue.js, Nuxt.js, Firebase を⽤いた Web アプリ開発
 ・GitHub Actions による⾃動デプロイ
E資格対策コース・研究開発に必要な徹底的な理論の解説から実装まで
・E資格受験前確認テスト付き
クラウド活⽤コース・Azure Cognitive Services の実装
 ・ビックデータアーキテクチャの設計
 ・Azure Application Insight でサービスの監視

給付金の利用で受講料の最大70%OFFになる可能性がある。

これまで受講されている方(20代後半〜40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講しています。

専門実践教育訓練給付金制度を使うと、元々72万(税抜)が21.6万(税抜)で受けられる上に、長期コースの内容以外にもキカガクが提供する全ての講座が無期限で見放題とかなりメリットが大きいです。


また、E資格認定講座で、試験に受かれば転職等にも有利なコースとなっています。

AI・機械学習に興味がある人、どのようにキャリアを歩んでいけばいいか悩んでいる人は、一度無料カウンセリングで相談することをおすすめします。

キカガク無料カウンセリング予約はこちら

キカガクの詳しい口コミ・詳細はこちらの記事をご確認ください。

おすすめのプログラミングスクールを厳選して紹介!

DMM WEBCAMP

画像出典元:https://web-camp.io/

DMM WEBCAMPは資金的余裕があり、実績のあるスクールでエンジニア転職を目指したい人におすすめです。

自分のライフスタイルに合わせてプログラムを選べる

DMM WEBCAMPは、最短3ヶ月でWebエンジニアを目指す転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMITと、働きながらWebエンジニアを目指すオンライン完結型スクール DMM WEBCAMP PROの2つのコースに分かれます。

また、学習カリキュラムも複数のコースから選ぶことができます。

これだけ複数の目的、コースで高い品質のサポートを提供できるのが大手の強みですね。

業界大手でだからこその隙のない充実したサポート

他にも、他のスクールが強みとして提供しているサービスが当たり前に揃っているのも魅力ですね。

  • プログラミングを教える講師の他に、学習進捗をサポートする人がいる。
  • 学習者で繋がるコミュニティがある。
  • キャリアアドバイザーによる転職・就職支援
  • ポートフォリオ作成支援
  • キャッシュバック・後払い制度
  • 全額返金保証
  • PCレンタル

サポートが充実している分、料金が他スクールに比べて高いのが懸念点です。

300件以上の求人から、3.000人以上の転職実績

比較表をみていただけたらわかるのですが、オンライン完結型スクール DMM WEBCAMP PROでの転職実績としては、業界最大級の求人・転職実績があります。

実績が多いところには、多くの成功・失敗事例が集まるので、より情報が集まり、ご自身の転職活動に繋がるのは魅力的ですね。

是非、詳細は公式サイトでご確認ください。

オンライン完結型スクール DMM WEBCAMP PROはこちらから。

転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMITはこちらから。

総評:総合力No1。ただし、明確に企業規模(スタートアップ・ベンチャー)や企業種類(Web系自社開発など)が決まっている場合は、別スクールも選択肢にあり。

TECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職

画像出典元:https://tech-camp.in/

歴史を築いてきたスクールだからこその業界最大級の受講者実績

テックキャンプエンジニア転職」を運営する株式会社divは2012年3月創業です。

そして、テックキャンプは大体2014年頃にサービスを開始し、そこから急成長でプログラミングスクール業界を牽引してきました。

2014年というとプログラミング・エンジニアブームの先駆けであり、有名なProgateのサービスリリースも2014年頃です。

テックキャンプは、わかりやすくプログラミングを学べる環境が全然整っていない時代から、スクールを運営してきた歴史と実績があります。

当時はプログラミングスクールなんてほとんどありませんでした。

その結果、受講者数60,000万人以上、転職成功人数3,200人という業界最大級の実績を誇ります。

また、東京商工リサーチ調査によると、テックキャンプは受講生数・転職成功者数ともに業界内でNo.1であるという調査結果が出ています。

Ruby開発者が監修するわかりやすさを追求したカリキュラム

テックキャンプのカリキュラムは、プログラミング言語Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏が監修しています。

テックキャンプのカリキュラムの特徴は、徹底的なわかりやすさです。

とにかく画像と動画が多くカリキュラムに入っています。

さらにプロの講師に質問し放題の最強の学習環境が整っています!

特に、プログラミング学習の初期は概念を理解するのがとても大変です。

配列、ハッシュ、変数….など無数に新しい言葉が登場します。

2014年から磨かれ、アップデートされ続けているため、わかりやすさは追求されています。

自分が受講した2016年ですら超わかりやすかったです。

具体的にカリキュラムを見たい場合は、無料カウンセリングで「カリキュラムを見たいです!」と伝えれば、対応してくれるはずなので聞いてみてください!

プログラミング学習から転職支援までの一貫した手厚いサポート

テックキャンプは転職支援にも強みを持っています。

既にテックキャンプを通じて3,200名以上の人が転職を成功させています。

テックキャンプでは、ライフコーチとキャリアアドバイザーがサポートに入ってくれます。

ライフコーチ:学習進捗からモチベーション管理をサポート

キャリアアドバイザー:履歴書の準備から面接対策まで転職のサポート

かなり手厚いサポート体制です….!!

また、転職先として、テックキャンプが自社で営業して獲得した企業を斡旋してもらうことができます。

転職をお考えの方で無料のカウンセリングを受ける際は次のポイントを聞いてみてください。

  • 紹介の候補先は何求人あるか?
  • 求人の企業のタイプは?(受託・Sler・Web系・スタートアップなど)

他のプログラミングスクールと比較する際は、どのような企業の求人数がどれくらいあるか?を確認しましょう。

やはり、企業の種類によって働き方も業態も異なります。

ご自身が理想とする働き方に合った企業を選ぶために、これらの点は確認をしましょう。

テックキャンプ エンジニア転職の特徴

  • 受講方法:オンラインとオフライン(教室)
  • 教室所在地:東京(4校)・大阪(2校)・福岡(2校)
  • 学べる言語:Ruby/Ruby on Rails/Javascript/SQL/JQuery/Gitなど
  • 学べること:フロントエンドからサーバーサイドまでを一気通貫して学べる。

2021年9月にオフラインの教室受入を停止するなど、教室状況が異なるので、ホームページをよく確認するか、無料カウンセリングで確認をするようにしてください。

テックキャンプ エンジニア転職のコース・料金

コース受講タイプ一括払い(税込)分割払い(税込)受講期間
短期集中オンライン657,800円19,600円~600時間
夜間・休日オンライン877,800円43,800円~600時間

テックキャンプエンジニア転職コースの受講料金は、657,800円と他のスクールに比べて高めに設定されています。

ただし、テックキャンプ エンジニア転職は厚生労働省指定講座 専門実践教育訓練給付制度の対象であるため最大70% OFFになる可能性があります。

決済方法は分割払いも可能で、短期集中スタイル×オンラインプランなら月々19,600円(税込)でエンジニアを目指すことができます。

テックキャンプ エンジニア転職の良い評判・口コミ

テックキャンプのコミュニティに入り情報交換ができる。

縦と横の繋がりができるのは、新しい業界に入る上でかなり大事ですね。

学習を支援してくれる環境が整っている

業界最大級のテックキャンプの魅力の1つは、コミュニティですね。

それだけ同期や卒業生も多いので、繋がることができます。

また、カリキュラムや学習環境も学びやすいように徹底されています。

テックキャンプ エンジニア転職の悪い評判・口コミ

テックキャンプのカリキュラムだけでは足りない?

近年、未経験からのエンジニア転職の難易度は増加しています。そのため、どのスクールに通ったとしても自分のオリジナルのポートフォリオ作成が勝負となります。

メンターの質が低い?

講師(メンター)に関しては、公式ホームページにてこのように記述されています。

つまり、必ずしも現役のエンジニアではありません。

会社としてはエンジニアが在籍しているのと、メンターの中でも経験が豊富な人もいるので、問題解決できないことは少ないですが、担当メンターによっては解決に時間がかかる可能性があります。

悪い評判の中には、講師(メンター)の質に関して言及されているものが多かったです。

大手のプログラミングスクールなので、多くの講師が在籍しており、その分レベルの差があるようです。

自分が受講した時は、「このメンター!」という人を決めて、その人に基本質問してました。

また、テックキャンプはエンジニア転職のコース以外にも、一般教養を学べるコースも用意されています。

SAMURAI ENGINEER Plus+

画像引用元:https://www.sejuku.net/

SAMURAI ENGINEER Plus+は、月額2,980円で現役エンジニアに質問し放題なサブスク型オンラインITスクールです。

SAMURAI ENGINEER Plus+は、安価に現役エンジニアに質問し放題で学びたい人におすすめです。

安価な月額定額制で現役エンジニアに相談しながら学習を進めることができる。

SAMURAI ENGINEER Plus+は、挫折ししずらく料金が安い新時代のプログラミング教育を提供しています。

今までのプログラミングスクールの状況って、大きく分けて下記の2つの状況でした。

①高額なスクールで講師の元、挫折を減らして学習をする。
②Udemyなどの動画教材を安価で購入して、独学で勉強する。

安くて挫折を減らす①と②の両方のいいとこ取りしたのがSAMURAI ENGINEER Plus+です。

言語化できない悩みをオンラインレッスンで解決できる。

SAMURAI ENGINEER Plus+では、自分で学んでいてわからない点を現役エンジニアに相談することができます。

また、Q&A掲示板を使うことによって質問し放題です。

結構、「そもそも質問の仕方がわからない…。」と悩む人が多いのですが、SAMURAI ENGINEER Plus+では質問の仕方もテンプレート化されているので、挫折なく質問ができます。

28種類の教材で学び、つまづいたらQ&A掲示板で質問し放題。

SAMURAI ENGINEER Plus+では、30種類以上の教材を使って学び放題することができます。

Techpitの月額2,980円で100教材が学び放題なサービスと近しいですね。

教材数が少し減ってしまいますが、Techpitに現役エンジニアのサポートがついているのがSAMURAI ENGINEER Plus+のイメージですね。

質問の回数だけ成長するので、すぐに誰かに環境をつくるのは強くお勧めします。

学びたい教材があるかは、是非公式サイトをご確認ください。

毎月飲み会1回分でお得に学べるのがとても魅力的ですね。

公式サイトではよくある質問がまとまっています。

SAMURAI ENGINEER Plus+評判記事はこちらからご覧できます。

プログラミングスクールSAMURAI ENGINEERも運営しているので、気になる人はチェックしてみてください。

RUNTEQ(ランテック)

画像は公式サイトから引用:https://runteq.jp/

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】は、Web開発系企業への転職に強いプログラミングスクールです。

未経験からWeb開発企業に転職したい人におすすめです。

受託開発会社が作成したプログラミングスクール

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】を運営する株式会社スタートアップテクノロジーは、元々受託開発会社です。

また、代表の菊本久寿さんはCTOとして複数社で経験してきた実力の持ち主です。

実際に案件を請け負っている会社だからこそわかるWeb系開発のノウハウがカリキュラムに詰まっています。

カリキュラムの詳細を確認すると、実際の現場を意識した内容だとわかります。

ローカルで環境構築を行い、プルリクエストベースで学習を進めていただくため、実際の開発フローを意識したカリキュラムになっています。

Gitでの開発は現場では毎日使うほど重要なので、それをスクールで経験できるのはとても良いですね。

1000時間の圧倒的学習量で即戦力のWebエンジニア転職

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】は、学習時間・学習期間が長いのが特徴的です。

他のスクールが平均300時間を掲げている中、1,000時間以上を掲げています。

未経験からのWebエンジニア転職は年々ハードルがあがっているので、正直妥当な勉強時間だと思います。

なぜ、1,000時間なのか?はエンジニア転職チャンネル【RUNTEQ公式】プログラミング学習が1000時間必要な理由にて詳細が語られているので、是非確認してみてください。

学習期間9ヶ月と考えると受講料437,800円はコスパ良すぎでは?

1ヶ月あたりの金額に直すと48,644円です。

1ヶ月あたりの金額で考えると、かなりコスパの良いスクールの1つだと言えます。

業界トップクラスのポートフォリオ作成サポート

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】は、ポートフォリオ支援にかなり力を入れています。

受講生の中でポートフォリを競うBATTLE OF RUNTEQの開催や公式ページでのポートフォリを集を見てみると、レベルの高さがわかりますね。

ポートフォリオで差別化したい人はRUNTEQがオススメです。

また、Twitterで「#RUNTEQ」で検索してみると、実際に受講している人の発信や卒業生の転職事情がわかるのでおすすめです!

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】をもっと詳しく知りたい方は下記記事から評判記事をご確認ください。

ポテパンキャンプ

画像は公式サイトから引用:https://camp.potepan.com/

ポテパンキャンプは、Web開発系企業への転職に強いプログラミングスクールです。

未経験からWeb開発企業に転職したい人におすすめです。

Web系開発企業への転職・内定率が驚異の100%

ポテパンキャンプは、未経験からWeb系開発企業への転職を考えている人にオススメです。

なぜこんなに転職に成功しているの…?

ポテパンキャンプがその他プログラミングスクールに比べて優れている部分をご紹介します。

卒業生の紹介先としてWeb系開発企業100社以上と提携

ポテパンキャンプは100社以上の自社開発企業と提携をしています。

なぜ、こんなにも提携することができているのでしょうか?

それは、卒業生を0円で企業にご紹介しているからです。

他社:卒業生を数10万 ~ 数100万円で紹介
ポテパンキャンプ:0円で紹介

多くのプログラミングスクールは、卒業生を有料で企業に紹介をしています。

一方で、ポテパンキャンプは0円で紹介しているため、企業側にも採用するメリットがあります。

無料で良い人材が採用できたら、企業側もリピートして使いたいですよね。
それが、内定率の高さのポイントになっています。

1,000回以上改良された現場が認めるカリキュラム

しかし、企業側も0円だからといって未経験エンジニアを採用するにはリスクがあります。

そのリスクを解消しているのが1,000回以上改良されたカリキュラムと5ヶ月間の学習プログラムです。

実績の出ているカリキュラムで卒業生の実力を担保しているから、企業側も採用する。

また、20代で東京での就職ができる方限定となりますが、転職できなかったら全額返金保証なのもスクールの自信が出ていていいですね。

Web系自社開発に転職したいなら、ポテパンキャンプRUNTEQ(ランテック)がおすすめですね。

ポテパンキャンプをより詳しく知りたい方は、こちらの評判記事をご確認ください。

CODEGYM ISA

画像は公式サイトから引用:https://codegym.jp/isa/

CODEGYM ISAは、未経験からソフトウェア・エンジニアとして、 業界の中で活躍したい人におすすめのプログラミングスクールです。

CODEGYM ISAは【転職実現するまで、学費なし】経済的に不利な方でも、本気であれば学び、就職できる仕組みが用意されています。

日本で初めて「出世払い」の仕組みを取り入れたエンジニア養成校

CODEGYM ISAは日本で初めて「出世払い」の仕組みを取り入れたプログラミングスクールです。

出世払いなので、転職が実現するまで学費はかかりません。

そんな上手い話があるのか…と思った人のために詳しく解説します。(自分も思いました)

そもそもISAはアメリカ発祥の契約形態です。そのため、海外で当たり前に使われている仕組みを日本に輸入してきた形になります。

経済的に厳しい方でも年収の一定割合を後払いで払うことによって、意欲さえあれば学ぶ機会、働く機会を得れる仕組みになります。

CODEGYM は、日本で初めて、唯一 (2020年11月現在)、ISA を提供しています。

また、創業者がなぜこのスクールをつくったのか?は次のyoutubeで見ることができるので気になった方は是非ご覧ください。

転職をゴールとしない1,200時間の本格的なカリキュラム

プログラミングスクール側としても、受講生が転職成功しないと儲からないので、一定の選考と本格的なカリキュラムを提供しています。

学習時間もスクールの中でトップクラスに必要としていますね。スクール側の本気度も伝わります。

カリキュラムの中には、現場で必要なスキルを身につけるためのチーム開発が組み込まれています。

スクラムでの開発やテスト、コードレビューが当たり前に組み込まれており、かなり実務に近いカリキュラムだと思います。

コンピュータサイエンスの基礎から、フロントエンド技術、WebアプリケーションのAPI開発からフレームワークの活用、セキュリティ、AWS 等クラウド環境のハンズオン、LINUXサーバー、そして全国のオンライン受講生同士のチーム開発がカリキュラムに含まれる。

カリキュラム終盤、同等スキルのメンバー3名以上で構成されたチーム開発の経験を行うことが、CODEGYM ISAのカリキュラム修了のための必須条件なため、かなり力が身につきますね。

学習カリキュラムの進捗に応じた就活サポート

CODEGYM ISAも転職してもらわないと儲からないため、就職サポートも本気です。

CODEGYM ISA のプログラムには、初週から就活のオリエンテーションが開始されます。

学習カリキュラムの進捗に応じてサポート体制が設計され、あらかじめ定められたオリエンテーション以外にも、受講生が不安なときに、いつでもキャリアドバイザーに申し込める1on1の窓口があります。

就活の際は、自己分析から始まり、レジュメの添削、模擬面談、技術テストに慣れる練習など、万全のサポート体制を整えています。また、提携エージェントを活用した、人材紹介プログラムを利用することもできます。

「受講生が転職しないと儲からない」ため、それがスクール側を本気にさせ、質の向上に繋がるので、本気で転職したい人にはオススメですね。

CODEGYM ISAを利用するためのは条件があるため要確認です。

本選考締切日基準で、満16歳以上 29歳以下の方で、IT専門職 ( エンジニア ) としての 就職・転職または起業等の意欲が明確で、カリキュラムに本気でコミットできる方

詳しくは公式サイトをご確認ください。

また、スクールの詳細・評判は下記記事でご確認ください。

tech boost

画像は公式サイトから引用:https://be.tech-boost.jp/lp_pages/001

tech boostは未経験からプログラミングを学ぶのにおすすめなプログラミングスクールです。

tech boostは数少ない教室に通って学習できるプログラミングスクールです。

運営会社がエンジニア転職・フリーランス支援の成長企業である。

運営会社である株式会社Branding Engineerは、フリーランスエンジニアのマッチングプラットフォームのmidworksや転職支援のTechStars事業を運営している上場企業です。

つまり、エンジニアのキャリアを一貫してサポートしている会社であり、何がエンジニアとして求められているのか?を熟知した企業です。

そのノウハウがプログラミングスクールに還元されているのが魅力の1つです。

通学・オンライン形式で柔軟に学習をすることができる。

tech boostは、教室に通って学習ができる数少ないスクールです。

現在はオンラインで通えるスクールが大半を占めるため、教室に通えるスクールは貴重です。

自分は教室じゃないと集中できないタイプだったので、教室ありのスクールに通っていました。

また、学習したての頃は「何がわからないかわからない状態」になるので、そのような迷子の状態を助けてもらいやすいのが通学のメリットでもありますね。

平日は10:00~22:00、土日は10:00~19:00でご自由に教室を利用することができます。

Javaを学習することができる。

tech boostは、Javaを学習できるスクールの1つです。

他にJavaを学習できるスクールとしては以下が挙げられます。

  • DMM WEBCAMP
  • TechAcademy
  • RaiseTech

Javaは案件獲得が多く、大規模システムでよく採用されるので学習する価値は充分にあります。

tech boostの評判記事はこちらから確認していただくことができます。

Skill Hacks(スキルハックス)

画像は公式サイトから引用:https://skill-hacks.co.jp/skillhacks/

Skill Hacksは、「脱初心者を最短で」を目標に、簡単なサイトを作る方法やデータベースを使ったWebアプリの開発方法を学びたい方におすすめです。

Skill Hacks(スキルハックス)は、低価格でWebアプリ開発を学びたい人におすすめです。

低価格でコスパ良くWebアプリ開発を学ぶことができる。

Skill Hacksは、69,800円からWebアプリ開発を学ぶことができます。

類似のサービスと比べてもお手頃な価格で学習を進めることができます。

Skill Hacks69,800円
デイトラ99,980円
TechAcademy副業コース
99,900円〜

金額が安いからといってカリキュラムの質が低いわけでもありません。

1本10〜20分 分かりやすい動画教材で学ぶことができるので、初心者でも挫折がしにくいです。

回数無制限 LINEでの丁寧な質問対応でサポートしてもらえる。

Skill Hacksは、LINEで気軽に何回でも質問することができます。

プログラミング初心者の人でもプロフェッショナルに回数無制限で質問できるのはありがたいですね。

プログラミングを学ぶ方法として、学習教材は無料で教える人は「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ【MENTA】などを利用する方法があります。

こちらの方法に比べて、最初から実力が保証されているプロを探す手間なく相談できるのは魅力的ですね。

Ruby、PHPなどのWeb開発からAWS、動画などの多様なカリキュラムをプロから学ぶことができる。

Skill Hacksは、以下のように豊富なカリキュラムがあります。

Skill Hacksの特徴として、各分野のプロフェッショナルの人がスカウトされて、コンテンツ作成を監修しているのが特徴的です。

コース名料金学べる内容
SkillHacks69,800Webプログラミングの基礎
FrontHacks149,800Web開発に必要なフロントエンドの知識
PHPHacks69,800環境構築からPHPを学ぶことができる講座
BlogHacks99,800ブログ収益化やWebマーケティングに関して
MovieHacks69,800動画編集について
DesignHacks59,800デザインの基礎からIllustratorなどのデザインソフトの使い方
HealthHacks39,800現役整体師による健康・整体についての動画
AnimationHacks59,800ホワイトボードアニメーション制作について
DietHacks99,800健康的な正しいダイエットについて
InstagramHacks49,800インスタを使ったマネタイズ&影響力をつける方法
ChineseHacks49,800現役翻訳家・現役中国語講師による、中国語入門
YouTubeHacks99,800ユーチューバーとして活動し、収益化することについて
不動産Hacks99,800物件の収益計算、調査、銀行融資戦略、空室対策、税金や戦略
WritingHacks69,800SEOを意識したライティングの方法や、仕事の取り方
AWSHacks69,800AWSエンジニア入門

公式サイトを確認するとカリキュラムのコースごとにプロフェッショナル講師の人を確認することができます。

また、Skill Hacksの詳細はこちらから確認することができます。

RaiseTech

画像は公式サイトから引用:https://raise-tech.net/

RaiseTechは最速で「稼げる」エンジニアになるための、実践的なWebエンジニアリングスクールです。

RaiseTechは「稼ぐためにエンジニアになりたい人」におすすめです。

エンジニアとして稼ぐことから逆算されたカリキュラム

RaiseTechのカリキュラムは、他のプログラミングスクールと比べて特徴的です。

  • Javaフルコース
  • AWSフルコース
  • Reactコース
  • WordPress副業コース
  • デザインコース
  • Lステップマーケティングコース

Javaは大規模案件によく採用され、求人数も多いのが特徴です。

また、近年はクラウド化の流れによりAWSを採用している企業も増えています。

このように、今の時代に求められているスキルをピンポイントでコースとして扱っているのが大きな特徴です。

一生質問し放題、無期限で副業案件サポートなどの手厚い支援

RaiseTechは、他のプログラミングスクールと比べてもサポートが手厚い印象を受けます。

質疑応答の期間は無期限、一生質問し放題で内容に関しても不問。人生相談・ビジネスの相談でも受付可能。

太っ腹すぎて、どうやって運営を回しているか心配になります。笑

その他にもエンジニア就職の情報が集まるオンラインコミュニティ転職支援では転職クエスト、案件獲得ではWeb営業に特化したオンラインスクールWSSクラスと提携をしています。

このように各領域で強いサービスと提携しながら運営しているのも特徴の1つです。

月単価80万円以上の現役講師がサポート

RaiseTechの講師陣は月単価80万円以上の現役です。

実際に稼いでいる人との繋がりができるのは強いですね。

最前線で活躍する人達から、最前線で何が求められているか?を教わることができるのは、稼ぐエンジニアになるために大きなメリットになりそうです。

RaiseTechの特徴

  • 受講方法:オンライン
  • 学べる言語:Java/React/AWS/Wordpress/Lステップ/デザイン
  • 学べること:最速で稼ぐための技術

RaiseTechの公式サイトには漫画でわかりやすく特徴を解説してくれています。

RaiseTechのコース・料金

コース受講タイプ受講料受講期間
受け放題コースオンライン受講料 +79,800円
Reactコースオンライン月々 18,667円(税込)〜
一括 448,000円 (税込)
全16回 (週1回/1回あたり120分)
Lステップマーケティングコースオンライン月々 18,667円(税込)〜
一括 448,000円 (税込)
全16回 (週1回/1回あたり120分)
デザインコースオンライン月々 14,500円(税込)〜
一括 348,000円 (税込)
全16回 (週1回/1回あたり120分)
WordPress副業コースオンライン月々 14,500円(税込)〜
一括 348,000円 (税込)
全16回 (週1回/1回あたり120分)
AWSフルコースオンライン月々 18,667円(税込)〜
一括 448,000円 (税込)
全16回 (週1回/1回あたり120分)
Javaコースオンライン月々 18,667円(税込)〜
一括 448,000円 (税込)
全16回 (週1回/1回あたり120分)
※ 学割で安く受講できます。

RaiseTechの受講料金は、348,000円 〜 498,000円と比較的標準的です。

無料説明会代表の江並さんが直接説明してくれ、かなり評判が良いので、気になっている方はまずは無料説明会で話を聞くことをおすすめします。

RaiseTechの評判記事はこちらからご覧できます。

ウズウズカレッジ「CCNAコース」

画像は公式サイトから引用:https://uzuz-college.jp/ccna

ウズウズカレッジCCNAコースでは、未経験からインフラエンジニア(ネットワーク、サーバー分野)を目指す20~30代向けのスクールです。

ウズウズカレッジCCNAコースはCCNAの資格を取得して未経験からインフラエンジニアになりたい人/CCNAを取得したい人におすすめです。

高評価率98,2%の圧倒的にわかりやすい学習動画

実は、ウズウズカレッジCCNAコースのカリキュラムって無料で確認できるんですよね。

実際にカリキュラムがわかりやすいっていうけど、、、

と思う方も多いと思います。

今だけかもしれませんが、ウズウズカレッジの動画教材って一部youtubeにあがっているんですよね。

見てみるとわかるのですが、非常にわかりやすいです。

自分もインフラ・ネットワークの基礎はこちらの動画で学んでいます。

専任講師が1on1で指導。回数制限なしで質問・相談ができる。

ウズウズカレッジCCNAコースでは、必ず担当講師がついて学習をサポートしてくれます。

ランダムに講師に質問するタイプのスクールと違い、困ったら相談できる1人が明確になると質問のハードルも下がって良いです。

20代の就職サポート実績は18,000人以上

ウズウズカレッジCCNAコースを運営する株式会社UZUZは、ITの転職エージェントを運営しています。

転職エージェントとは、転職を支援するプロのことです。

特に20代に強みを持っているので、20代の若手層におすすめです。

また、実装に相談する人がわからくて不安…という人もいると思います。

株式会社UZUZの転職エージェントの代表岡本さん専務の川端さんはTwitterに生息しているので、ツイートを眺めてみると雰囲気がわかってオススメです!

無料カウンセリングも行っているので是非公式サイトを確認してください。

より具体的なウズウズカレッジCCNAコースの評判は下記記事をご覧ください。

エンジニア転職のロードマップはこちらから

エンジニア転職に関してまとめました。

tenshoku_cta

詳細はこちらから