キャリア

エンジニアの年収は低いのか?高年収だけを考えるなら辞めておくべき理由を解説します

Low annual income

エンジニアの年収って低いの?

本記事ではエンジニアの年収は低いのか?という点に関して、できるだけ実データをもとに解説をしていきます。

この記事でわかること

  • 平均年収と比べたときのエンジニアの年収事情
  • エンジニアの仕事内容と年収は釣り合っているのか?
  • 高年収だけを考えてエンジニアを目指さないほうがいい理由

この記事の信頼性

myprofile

ベンチャー企業で働く現役エンジニアです。Webベンチャーで働く同期の年収事情や転職支援していたときの経験をもとに解説をします。

この記事の結論は下記の通りです。

  • 平均年収464万円に対して、エンジニアは598万円なので平均よりは高い。
  • 年収は大体800万円で頭打ちになる。
  • 年収だけ考えるなら、外銀、コンサル、商社のほうが年収が良い。
  • 業務以外の学習時間を考慮するとコスパはあまり良くない。
  • 需要が伸びており、手に職がつく点はプラス評価。

自分の市場価値を確かめる方法の1つとして転職エージェンへの登録がおすすめです。今すぐ転職を考えていなくても無料で相談もできます。

※ Webエンジニアに特化した年収事情の記事なります。(Sler・SES・ITコンサルは含みません。)

エンジニアの年収は平均より134万円高い

全国の平均年収464万円に対して、Webエンジニアの平均年収は598万円と134万円高いです。

Web系のベンチャーに絞ったらこのような平均年収になるのは納得できますが、少し高めなような気もします。

有名なWebベンチャーだと1年目500万円、2年目600万〜というケースもあるので、トップ企業が平均年収を釣り上げている感覚です。

スタートアップもいい人を採用するために積極的に人件費へ投資をしているようです。

エンジニアの年収は800万円で頭打ち傾向にある

Twitterではよく「Webエンジニアになって年収1000万!!」のキャッチフレーズが飛び交いますが、この話は本当でしょうか?

求人ボックスの給与ナビによると、Webエンジニアの給与幅としては367〜882万円となっています。

また、Webエンジニアの年収に関しては、@flsc_taroさんが作成したWebエンジニアスキル・年収マップがかなり参考になります。

Webエンジニアスキル・年収マップ

元ツイートはこちら



有名Webベンチャーのシニア上位で800万円とすると、年収1000万円は大きな壁といえそうですね。

技術力も高く、組織に影響を与えるマネージャーや役員クラスになってみえてくる金額といえそうです。
これは周囲からの話を聞いていても妥当な金額に感じます。

前職時代、某メガベンチャー数社に1000万円人材を提案しましたが、その金額を出すなら超優秀じゃないと採用しないとのことでした。

つまり、正社員のエンジニアで年収1000万円を目指すには、超技術力が高い上に、マネジメントや経営に影響を及ぼす能力を身につけるか、Googleなどの有名外資に入社するか、年収相場の高い海外で働くかなど、かなり難易度が高いことがわかります。

Twitterでよく見る「Webエンジニアになって1000万円!!」に関しては、単価や年商の話がごっちゃになっていたり、エンジニア以外の情報商材の売上を含んだりしているケースがあるので、ここではあえて言及をしません。

年収だけで考えるならWebエンジニアの費用対効果は微妙

年収だけを考えてWebエンジニアの職種を選ぶのは、費用対効果が微妙だと考えます。
理由は下記の通りです。

  • 技術力を上げるためには、業務時間以外の学習時間が必要。

年収800万円クラスのシニア上位(技術責任者・テックリード・リードエンジニア)になるには、フルスタックな知識・実務経験を持つのが好ましいです。

インフラ・バックエンド・フロントエンド・セキュリティ・データベース、、、など、技術の分野は膨大で、深いです。
年次5年 ~ 7年以上で目指すには、業務以外の時間もプログラミングのキャッチアップや残業を重ねて実力を伸ばしていく必要があります。

具体的なデータはないのですが、リーダーポジションについているエンジニアは軒並み物凄く勉強しています。

社会人になる前からゴリゴリプログラミングを書いている人や大学でコンピューターサイエンス(CS)をがっつり学んでいる勢ではなく、社会人からエンジニアになった場合は、相当の努力が必要だと思います。

また、彼らを見ていると、「がんばっている」というよりも「プログラミングを楽しんでいる」感覚であり、仕事自体を楽しんでいます。(強いですね)

そのため、業務以外の勉強時間を加味して年収を考えると、相対的にみて、コスパがいいとは言えないと思います。

30歳で年収1000万円を目指せる職業

OpenWorkの働きがい研究所によると、30歳で年収1000万円を目指せる職業は下記の通りです。

  • コンサルタント
  • 投資銀行のアナリスト
  • 商社マン
  • プラントエンジニア(海外駐在)
  • フルコミッションの営業職(証券・保険・不動産)
  • 医師
  • パイロット
  • 弁護士
  • 会計士

当たり前ですが、楽に1000万円稼げる職種はないですね。

大手の場合は、給与以外にも手厚い住宅補助や福利厚生があるため、20代中盤で600万円ほどもらっている人はザラにいます。

商社や日系大手はそこらへんが手厚いですね。
入社するのが大変ですが、入社後は比較的業務に余裕を持ちながら、いい年収をもらっています。

知り合いは業務時間以外の自己研鑽は特にせず遊んでいますが、25歳で600万円ほどもらっているので費用対効果という観点からは良いと思います。


また、エンジニアで1000万円を目指すのであれば、ITコンサルは1つの選択肢だと思います。

それでもWebエンジニアとして働く理由

私がWebエンジニアとして働く理由は下記の通りです。

  • (勉強は辛いが)常に新しい発見や知識が増え、成長を実感できるから。
  • Webエンジニアは科学的適職にマッチする項目が多く、幸せ度が高い仕事だと思うから。
  • 自分の性格的強みと仕事が一致しているから。
  • 市場が伸びており、コードを書くだけではなく仕事の需要が発生しそうであり、キャリアの選択肢が広いから。
  • プログラミングという仕事が好きだから。

人生の1/3は仕事をするので、幸せに働きたいと思っています。
仕事の幸福を科学的に解明しているのが、科学的な適職という本です。

この本を読んで、自分の強みである「探求」「好奇心」を活かすことができ、「裁量」「成長している感覚」などの「7つの徳目」を多く満たせることができるWebエンジニアという職業を選びました。

エンジニアの年収を調べるのにオススメなサイト

まだまだ情報が少ないですが、ソフトウェアエンジニアの給与のデータベースを作成しているサービスをご紹介します。

リアルな数字があるので、是非参考にしてみてください。

働き方がマッチしているなら給与は低くはない。

Webエンジニアは、時間の都合がつきやすかったり、副業がしやすいなど、働き方にも魅力がある職業です。

これからも業界のリアルな情報をこちらのメディアにメモしていきたいと思います。
是非、Twitterもフォローしてください!

エンジニア転職のロードマップはこちらから

エンジニア転職に関してまとめました。

tenshoku_cta

詳細はこちらから