転職エージェント

【転職エージェント活用大全】はじめてのエンジニア転職を成功させるための流れを解説!

roadmap

転職エージェントのことはわかったが、まずは何から始めればいいかわからない。という方もいらっしゃると思います。

そこで、本記事では転職エージェントに実際に申し込み、転職を成功させるまでのロードマップを解説します。

転職エージェントを10社以上使い転職した私が自分の失敗談をもとに解説します。

転職エージェントってそもそも何?という方は、3分で転職エージェントの全体像がわかるように解説しているので、是非参考にしてください。

それでは実際に解説を始めたいと思います。

転職エージェントの活用の流れ

転職エージェントのサービスを受けるためには、下記のような流れになります。

なぜ転職エージェントを使うか?を明確にする

転職エージェントに登録する前に、「今回なぜ転職エージェントを使うか?」の理由を明確にしましょう。
理由としては、期待する理由によってオススメの転職エージェントの選び方が変わるからです。

例えば、大量の求人を見たい場合は「大手総合型転職エージェント」がおすすめです。一方で、キャリアカウンエセリングに重きを置きたい場合は「業界特化型転職エージェント」がおすすめです。

まずは、ご自身が何に期待しているのか?を明確にしましょう!

ちなみに初回のキャリア面談で「何に期待していますか?」はよく質問されます。笑

登録する転職エージェントを決める

目的が明確になったら、登録する転職エージェントを決めましょう。

転職エージェントは複数社に登録するのがおすすめです。

理由としては、転職エージェントは担当者によってサポートの質にばらつきがあり、1社だけだと合わない可能性があるからです。

また、総合型転職エージェントと業界特化型転職エージェントを組み合わせて使うことによって、それぞれの転職エージェントのいい点をバランス良くサポートを受けることができるからです。

具体的には、総合型転職エージェント1社、業界特化型転職エージェント2社に登録するのがおすすめです。
下記記事で、詳しく紹介をしています。

転職エージェントに登録をする

転職エージェントを決めたら、実際にお申し込みの画面から登録をしましょう。

登録をすると、電話番号に電話がかかってきます。
もしくはメールで日程調整の依頼が送られてきます。

転職エージェントに登録するときのポイントは、できるだけ同じタイミングで登録をすることです。

理由としては、転職エージェントのサービスは毎回同じ流れなため、登録の時期がずれると、自分の転職活動の時期とずれてしまう恐れがあるからです。

例えば、すでに転職の軸が明確になっており、企業との面接が始まっているのに、また「どんな将来像になりたいか?」のキャリアカウンセリングが始まったら、少し嫌ですよね。

5社以上使うと「この流れはもういいから〜」となりました。(体験談)

転職エージェントとキャリアカウンセリングをする

まずはじめに行われるのがキャリアカウンセリングです。
企業によって、キャリアカウンセリングのやり方は異なります。

大切なことは、「自分がどのようなことを期待して転職エージェントを使っているのか」をしっかり伝えることです。

例えば、「何もわからないから、ざっくりと転職の動向に関して知りたい」「今すぐ転職は考えていないけど、自分の市場価値を知りたい」などのような内容でも問題ありません。

いい仕事をしてもらうために、面談を受ける側も準備をしましょう。

転職エージェントを見極める

転職エージェントとキャリア面談を複数回するうちに、「自分には合わないな…。」と感じる場合があると思います。
その場合は、担当のキャリアエージェントを変えてもらうか、別の転職エージェントに登録をしましょう。

「人」と「人」なので合わないことがあるのは当然です。

感じた違和感・直感は当たることが多いのです。
違和感の正体は、転職エージェントの裏事情によるところが多いので、気になる方は下記記事も覗いてみてください。

求人から申し込む企業を選ぶ

キャリア面談が終わると、転職エージェントの方から求人提案が行われます。

キャリア面談の内容をもとに20~30求人ほどの提案があると思います。
その中から気になった企業をリストアップしていきましょう。

大体30社に応募すると、1~2社内定が出る計算になります。

履歴書・職務経歴書を添削してもらう

履歴書・職務経歴書は、書類選考時に使われる書類です。

この2つは、是非転職エージェントの方に添削してもらいましょう。

理由としては、どうしても自分1人のチェックだと誤字脱字が発生してしまいます。特に履歴書は、ミスしたら終わりな書類なので、ダブルチェックが必須です。

また、転職エージェントは転職支援のプロです。そのためどのような書類が通りやすいか?どのような書類は通らないか?がわかっています。

職務経歴書のアンチパターンを潰し、通り職務経歴書を完成させましょう。

面接対策をしてもらう

転職エージェントの売りの1つが面接対策です。

実際に書類選考が通過したタイミングでサポートしてもらえることが多いです。
面接は経験値による部分が大きいので、がっつりここはサポートしてもらいましょう。

内定〜入社

内定が出て、入社が決まったら、喜びを分かち合いましょう!
また、内定後は「年収の交渉」「入社時期の交渉」も転職エージェントの方が行ってくれます。

ここも思う存分頼りましょう。

転職成功に向けたパートナー

転職エージェントは、孤独な転職活動において、頼れるパートナーになってくれます。
メリット・デメリットを踏まえて上で、積極的にサービス登録していき、転職活動を上手く進めていきましょう。

エンジニア転職のロードマップはこちらから

エンジニア転職に関してまとめました。

tenshoku_cta

詳細はこちらから